Recommends

ATLANTIS 創刊号

ATLANTIS 創刊号
特集:
境界
THE BORDER

国境とは何か
目に見えない境界
目に見える壁
都市の境界線
アートの境界
雑文集「境界」

CONTENTS

この銀河の片隅で

ATLANTISは、東京の小さな編集部で創る紙の出版物です。毎号伝えたいメッセージを一つ決めて「特集」としています(創刊特集は「境界」)。特集はチャプターに分かれており、その一つひとつにテーマがあります(Chapter 1「国境とは何か」、Chapter 2「目に見えない境界」など)。チャプターごとに完結しているので、どこから開いて読んでも構いません。例えば、数年後にChapter 3に書かれたものを知る、ということがあってもいいのです。

それぞれのコンテンツで、歴史を探究し、現在の世界を歩き、未来に残したいものを伝えていきます。ATLANTISは、特定のものや人を非難・中傷するものではありません。ポリティカルな背景やコマーシャリズムによらない、100%インディペンデントな存在です。だからこそ、内容はとてもエモーショナルで主観的なものになっています。

かつて「雑誌」という輝かしい媒体がありました。自由に意見を言い合い、文字を書き起こし、プリントした写真を持ちより、あらゆる葛藤に耐え、試行錯誤の末に責任と覚悟を持って世に問うてきました。それは「雑」な「紙」に魂を編み込むようなもの。ATLANTISはその精神を継承しています。インターネットやSNSが常識である今、紙という媒体がとてもクラシックな方法であることを認めます。これからインターネットはますます発達してリアルとの垣根は消失し、バーチャルに接続している感覚すら失うでしょう。だからこそATLANTISはアナログの境界面に立っていたいのです。ページをめくる、目をとめる、ゆっくり考える、そんなアナログ時間の手触りにこそ、伝えたい「文化」が宿ると信じるからです。すぐさまシェアして消えてしまうものよりも、ゆっくり押されたシャッター、思考の果てに吐き出されるものを待ちたい。長く時間をかけたものは、やはりすばらしいと考えているのです。

紙の雑誌はいずれなくなるでしょう。それでも一人の人間がATLANTISを読み、親から子へ、そして孫に伝わっていくように、小さな糸が紡がれていくと信じています。伝説のアトランティス大陸が未だに人びとの記憶に眠っているように──たとえ雑誌ATLANTISが消え去った後でも、わたしたちが感じた気持ちが確かに伝わり、いつか誰かの想像の中によみがえることを願っています。

この本を開いてくれた人、記憶として伝達される明日へ向けて、ATLANTISを放ちます。世界のどこへでも飛んでゆき、銀河の片隅に宿りますように──。

2018年7月27日 ATLANTIS編集長 加藤直徳
012 楽園のイヴと誰も知らない国 (写真:山西崇文)
026 あなたとわたしの境界線 (文:福岡伸一/適菜収/春日武彦ほか)
035 メキシコとアメリカを隔てる線(写真:パブロ・ロペス)
044 国境線の現在
046 国の境はどう決まる?
048 国境線を引き直す【人間編】【地球編】【バラエティ編】
054 すぐには行けない国
063 東北異界物語
074 横尾忠則の「目に観えない世界」
080 パプリカ
090 灰色のヴェールの向こうへ
094 京都結界地図
101 憎悪の壁と醜い眺め
112 パレスチナとイスラエルを分け隔てるもの
116 性の境界
118 人類が築いた壁
125 NY:ニューヨークの穴(写真:小浪次郎)
136 Paris:パリの中のパリ(写真:宮本武)
146 Tokyo:ニシカラヒガシヘ(写真:森嶋一也)
156 Okinawa:石川真生と沖縄
163 松澤宥と宇宙意識
170 感性を越境させる美術館
172 南洋群島に越境したアートの欠片
187 岸田繁「境界で鳴る音」
188 時間の境界
189 石川直樹「境界が消える瞬間」
190 超えちゃってる人物図鑑
192 現代インドでカーストを越境する
193 川内有緒「バウルが超えてゆくもの」
194 日本の見えざる境
196 金村 修「境界線上の写真」
197 食べないで生きる
198 ボーダーは、なくならない?
200 湿板写真で浮かびあがるもうひとつのアメリカ
201 人はなぜ「線」を引くのか?
松岡正剛「アナログとデジタルの境界線」
田中康弘「幻想の境界線」
植本一子「家族の境界線」
磯部涼「川向こうの境界」
竹内薫「宇宙の境界」
黒住光「宮崎駿の境界」
本体 2,160円
+ 送料 360円(何冊でも
2,000円+税
発売日:2018年7月27日
サイズ:215×290×15mm
重さ:約640g
ページ数:200ページ
編集長:加藤直徳(雑誌『NEUTRAL』、『TRANSIT』元編集長)

僕とATLANTIS